聴覚障害を持つ柔道家がPRIDE挑戦

7/2の日刊スポーツに以下の記事が載っていました。
柔道宮山、障害乗り越えPRIDE挑戦 - nikkansports.com > バトルニュース

聴覚障害があると格闘技は危険、という認識がやはり強いですね。私も危険なのでは?って思ってしまいます。でも、中日ドラゴンズの石井裕也選手も、最初はプロでは無理では?と思われながら2勝あげることが出来ました。今は2軍にいるようですが、そのうちまた1軍で見られるでしょう。
宮山選手も聴覚障害を持っていても格闘技をやる上で問題ない、ということを証明できるといいなと思います。
[PR]
by maro1010 | 2005-07-03 16:59 | 聴覚障害


<< PRIDEを目指す格闘家 【重要】7.5緊急大行動!この... >>