東北ろうあ者大会

岩手日報によると、第56回東北ろうあ者大会が10月の3連休に行われたそうです。
詳細は岩手日報のWebサイトに出ていますが、最終日に兵庫県聴覚障害者福祉事業協会事務局長の方が阪神・淡路大震災について講演されたそうです。
その中に「避難所で3日間ろうあ者が何も食べていないという状況もあった」という話も出たとのことです。
関東でも大きな地震が今後来ると思われますが、そのときに同じ状況にならないよう、日頃から考えていかないといけないと思います。
この時、災害時にどのような情報を貰うか、という受身的なことだけではなく、自分が生き残るにはどのように動かなければいけないか、という自分からの行動もしっかり自分の中で確立させておく必要があると思います。
[PR]
by maro1010 | 2005-10-11 23:11 | 聴覚障害


<< 障害者自立支援法 参議院可決 PRIDE挑戦中の格闘家 >>