ろう活動

ろう活動を私が始めたのはつい2年くらいのことです。
それまでは手話サークルには入っていましたが、手話で話すのが楽しくて
それだけで満足していました。
ですが、聴覚障害者団体の副会長、そして会長となってしまった時、
自分は聴覚障害者の活動をどのくらいしてきたのか、と自問しました。
そして、全然活動していないことに気づきました。
いざ、活動を始めてみると、今まで自分が当たり前のように得ていたこと、
例えば自動車免許の取得もそうですが、それらが先輩の方々の運動のおかげで
実現したものだということがわかった次第です。
僕がこれから出来ることは何かと考えてみたとき、やはり一番身近なのは
障害者自立支援法から聴覚障害者の生活を守ることではないか、と思います。
将来も手話通訳者を気軽に依頼できるような社会になるためにほんのちょっとでも
力を出せたらいいな、と思います。
[PR]
by maro1010 | 2005-04-15 00:39 | 聴覚障害


<< 中日の石井投手が初勝利! 手話通訳者の必要性 >>