北京オリンピックと手話通訳者

2008年に開催される北京オリンピックに備えて、北京が手話通訳者の養成を始めたそうです。
五輪に備え、北京が手話通訳を養成
http://jp.chinabroadcast.cn/81/2005/12/01/1@53202.htm

上記記事によると、オリンピック期間中、900名ほどの手話通訳者を必要としているそうです。
しかし、北京には現在、20~30名ほどしかレベルの高い手話通訳者がいないため、無料で講習会を始めた模様です。

この記事でいう手話通訳者というのは、国際手話を使う手話通訳者なのでしょうか?
それとも、北京の手話なのでしょうか?
その辺りがちょっとよくわからないのですが、聴覚障害者でも気軽に楽しめるオリンピックになればいいなと思います。
[PR]
by maro1010 | 2005-12-01 22:04 | 聴覚障害


<< 自動車免許更新時の講習 災害時、文章で情報発信 >>