聴覚障害児の教育と手話

ちょっと遅いニュースですが、日本弁護士連合会が「手話教育の充実を求める意見書」を発表したそうです。
【日弁連】 手話教育の充実を求める意見書
私は口話教育で育ったため、小さい頃から手話を使うべきかどうか、と言われると
ちょっと実感がわかないのですが・・・
やはり今思い返すと、先生の口の動きを読み取るのに精一杯で授業の内容を理解できなかった部分も結構あると思います。
高等部にはろうの先生がいて、その時初めて手話で講義を受けたわけですが、その頃は
先生の手話が早すぎて読み取れていませんでした。
大学に入った後に手話を覚えて、そして今は手話と口話を環境によって使い分けている状態です。多分、今なら高等部の講義もしっかり理解できるんではないかと思います。(テストでいい点が取れるかどうかはまた別問題・・・)

うーん、うまく言えないのですが、現時点で一番ベストなのは手話と口話を一緒に使う教育かなぁ・・・
[PR]
by maro1010 | 2005-04-17 21:20 | 聴覚障害


<< 中日の石井投手が2勝目! 中日の石井投手が初勝利! >>