耳の不自由な人に対する接客マニュアル

耳の不自由な人が来店―商品カタログ見せて説明
http://chubu.yomiuri.co.jp/kenko/kenko060215_2.htm

聴覚障害者に対する接客マニュアルをまとめたところがあるそうです。
それによると、聴覚障害者が来たら商品カタログを見せて説明、または大きな声で話す、などのマニュアルをまとめたもののようです。
どちらかというと高齢者、あるいは中途難聴の人向けのマニュアルに読めますが、実際はどうなのでしょうか。

マニュアルが出来ることそのものはマイナス面ではないと思うのですが、こういうことは仕事を通して接客担当が自分なりの対応方法を考えていった方がいいのではないか?とも思います。

Blogランキングに参加してみました。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-02-15 20:57 | 聴覚障害


<< 聴覚障害を持つ音楽家 市議会での発言の権利 >>