聴覚障害を持つ音楽家

聴覚障害の英音楽家が体験授業
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20060215ok01.htm

聴覚障害を持つ打楽器の音楽家、イギリス人のエブリン・グレニーさんが来日して日本で体験授業を行ったそうです。
聴覚障害を持っていると音楽は無理だ、と誤解されがちですが打楽器などの振動を体で感じられる音楽は聴覚障害者でも楽しみやすい音楽のひとつです。
実際、日本にも和太鼓を専門をする、聾者が集まったグループはあります。
また、バンド活動を行う人々もいて、聴覚障害があるなしに関係なく自分の好きな音楽を自由に楽しんでいる人は大勢います。
フジ子・ヘミングさんも聴覚障害を持ちながら一流のピアニストとして活躍されていますね。

聴覚障害があっても音楽は楽しめるのだ、という一例でした。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-02-16 21:03 | 聴覚障害


<< オリンピック選手と手話の意外な接点 耳の不自由な人に対する接客マニュアル >>