手話と国際語

【チャイナ網路】静かな“国際語
http://ryukyushimpo.jp/variety/storyid-11310-storytopic-19.html

琉球新聞社のWebサイトに上記記事が載っていました。
台湾と日本のろう者が会って1時間で会話が出来るようになってびっくりした、という内容です。
この記事は手話という言語についてわかりやすく書かれており、私自身も改めて勉強になりました。
その中でも特にへぇーと思ったのは、中国ではかって商談に手話が使われていたことがある、という1文です。話す音声言語が違っていても、表現に大差がない手話なら地方によって方言に差がある中国でも通じた、ということですね。
手話という言語の奥深さを改めて感じました。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-02-20 22:51 | 聴覚障害


<< ろう学校がなくなる? オリンピック選手と手話の意外な接点 >>