中等度難聴について

中等度難聴の現状知って
http://www.sunday-yamaguchi.co.jp/news/2006/2006.03/03nancho.htm

聴覚障害者というと、ろう者か中途失聴者、高齢難聴者を思い浮かべますが、実際には聴力レベルがまちまちであり、高度ではないが軽い聴覚障害を持っている人もいます。
上記記事によると、山口県で中等度難聴の子をもつ親が集まり、親の会を設立したそうです。
私もこの記事を読むまでは、ろう者でない聴覚障害者は補聴器をつければ普通に多人数でも問題ないのだろう、という風に軽く考えていました。
じっくり考えればそれは間違いであることが十分わかる筈にも関わらずです。
同じ聴覚障害者でもそのように誤解するほど、中等度難聴の定義は非常に曖昧なものであり、
それによっていらぬ誤解をされている人がまだまだいることを忘れてはならないと強く感じました。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-03-03 22:35 | 聴覚障害


<< 会話について ろう・難聴学生の素顔 >>