聴覚障害者と交通事故

聴覚障害のミス・テキサス、列車にはねられ死亡
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200603150019.html

CNNのWebサイトによると、アメリカテキサス州のミス・テキサスとなった女性が列車にはねられて亡くなったそうです。
列車は警笛をずっと鳴らし続けていたにも関わらず、それが聞こえなかったと言うことで起きた不幸です。
聴覚障害を持っている人はどうしても何かに集中すると警笛にはなかなか気づかないものです。
私も補聴器をつけていますが、別のことに集中するとまわりの音は全然聞こえなくなります。
交通事故にあわないよう、聴覚障害を持つ人は日頃から回りに注意して過ごしているわけですが、この記事を見て今までよりより一層注意しながら過ごさないといけないなと思いました。

ただ、聴覚障害を持つ=交通事故に会いやすい、かというとそうではないのも事実です。
普段注意深く過ごしているからこそ、滅多なことでは交通事故に会わないのです。
そういう意味では耳が聞こえる人の方が注意力散漫なのではないか、とも思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-03-16 22:38 | 聴覚障害


<< 「ユニバーシティライフ」を見て 石井裕也、先発ローテ入りへ前進 >>