ロボカップジュニア

ロボカップジュニア2006:聴覚障害の女子中生2人が初出場
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hyogo/news/20060326ddlk28040210000c.html

毎日新聞社のWebサイトによると、ロボカップジュニア大会の関西ブロック予選に聴覚障害を持つ中学生二人が出場したそうです。
ロボカップというとサッカー、というイメージがありますが、ロボットとダンスを一緒にやる競技や障害物を避けるレスキュー競技などもあるそうです。
中学生二人が出場したのはロボットと一緒にダンスをやる競技だそうです。
聴覚障害があってもロボットと一緒にダンスすることは可能だ、ということを教えてくれた取り組みだと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-03-26 20:04 | 聴覚障害


<< ロバート先生のアメリカ手話 難聴の早期発見で認知症を予防する >>