特別養護老人ホーム完成

特養ホーム:聴覚障害者も安心して入居できます 県内初、洲本に来月オープン /兵庫http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hyogo/news/20060331ddlk28040614000c.html

上記記事によると、兵庫県に聴覚障害を持つ高齢者でも安心して過ごせる特別養護老人ホーム「淡路ふくろうの郷」が完成して4月から入居受付開始、とのことです。
職員は皆、日常会話レベルの会話なら手話が使え、部屋内の設備も視覚的にわかりやすいものになっているようです。例えば部屋の外からインターホンを押すと部屋内の照明が点滅する、テレビは字幕が付くなど情報保障は整っているようです。

総施工費が13億円であり、5億円を一般からの寄付で集めたと書いてありますが、5億円を一般からの寄付で集めたというのは驚愕です。
街頭カンパなどを頑張って実施したということでしょうか。
他の県も見習えるところは見習わないといけないなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-03-31 23:01 | 聴覚障害


<< 手話でサッカーを応援 センバツ高校野球 >>