医療現場で使われる手話表現

病院で役立つ手話解説 広島のNPO、辞典初改訂 新たに250語追加
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps60402b.htm

読売新聞社のWebサイトに上記記事が載っていました。
「病院ですぐに役立つ手話2」という医療現場で使われる手話表現をまとめた辞書の改訂版が発売されたそうです。
医療に関わる手話表現で私が知っているのは風邪とか花粉症くらいしかありませんが、医療現場ではもっとたくさんの医療専門用語が飛び交っているわけです。
その専門用語が少しずつでも手話で表現できるようになると、聴覚障害者でも意味がわかりやすくなり、自分の体についてもっと関心を持つようになるのではないかと思います。

私はプログラマなので、情報処理に関する用語が手話で表現出来れば嬉しいのですが、今はどのくらい手話で表現出来るものなんでしょうか。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-05 23:57 | 聴覚障害


<< 手話でJ1大宮を応援 ロナウジーニョ、手話で喜びを表す >>