手話でJ1大宮を応援

手話でJ1大宮を応援 ろう学校生徒ら「愛が伝わった」
http://www.asahi.com/life/update/0409/002.html

朝日新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
J1大宮の試合でろう学校の生徒が手話を使った応援をやったそうです。
親指と人差し指と小指を突き上げ、とあったので最初どういうものか
ちょっと戸惑いましたが、アイラブユーのサインですね。

サッカーの試合だけではなく、色々な試合で手話も普通に応援の一部として
使われるようになったら面白いだろうなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-10 23:50 | 聴覚障害


<< 邦画に字幕が付くことが増えたようです 医療現場で使われる手話表現 >>