邦画に字幕が付くことが増えたようです

邦画だけど字幕つき ただいま急増中
http://www.sankei.co.jp/news/060412/bun036.htm

産経新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
それによると、邦画でも字幕付の映画が最近増えているようです。
特に東宝は平成9年に「もののけ姫」で初めて字幕をつけてから少しずつ数を増やし、今ではほとんどの邦画に字幕をつけている、という記述もありました。
でも、字幕がついているといってもいつでも見られるわけではありません。
映画館ごとに日程が決まっていて、その間だけ字幕付の邦画が見られるというやり方です。
これではスケジュールが合わないとなかなか映画館に足を運ぶのが難しい状況です。

映画そのものを上映している期間中、いつでも望めば字幕付のを見られるようになって欲しいと思います。DVDが発売/レンタルされるのを待てばいいのかもしれませんが、やはりスクリーンで見た方が感動するはずです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-12 23:59 | 聴覚障害


<< 石井裕也、今季初勝利 手話でJ1大宮を応援 >>