聴覚障害者も自動車免許が取れる!

聴覚障害者もワイドミラー活用などで免許取得へ
http://www.sankei.co.jp/news/060413/sha035.htm

運転免許:聴覚障害者もOKに 08年度制限撤廃へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060413k0000e040032000c.html

4月13日の産経新聞社や毎日新聞社などに上記記事が掲載されました。
警察庁は今までは一定の聴力がないと自動車免許の取得を認めていませんでした。
しかし、平成18年度を目処にこの条項を撤廃する方針を固めたそうです。

安全面を考慮して、ワイドミラーやステッカーの装着を条件とするようですが、これは非常に大きな第一歩です。
私自身は自動車免許を持っていますが、聴覚障害者である上で危ない、と思ったことはありません。危ない!と思ったのはスピードの出しすぎ、または自分自身の視認不足など、聴力とは全然関係ない部分です。
パトカーや救急車、消防車のサイレンは確かに健聴者と比べると気づくのが多少遅れますが、
ギリギリまで接近されても気づかないということはまずありえないので問題ないはずです。

また、聴力があるときに免許を取得したものの、その後に病気などで聴力を失ってしまった人にとっても大変大きな意味を持ちます。
聴力を失っただけで運転技術には全然問題が無いのにも関わらず、聴力が無いからダメ、という理由で免許を取り上げられた人もいると聞きます。
今後はそういった出来事は起きなくなるでしょう。

現在、自動車免許を持っていて自家用車も持っている人はステッカーやワイドミラーをどこで購入するのか、道路交通法が改正されたらすぐに装着しないと即罰せられるのか、などという疑問は多少残りますが。

これでまた一歩、聴覚障害者がより社会に出やすくなる環境が整うことになります。
交通の面では少しずつ前進していますが、福祉面ではどうなのでしょうか。
今の状況を見ていると、後退していくように見えて心配です。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-14 20:16 | 聴覚障害


<< 赤ちゃんとのコミュニケーション 石井裕也、今季初勝利 >>