聴覚障害者の劇団が存続の危機に

聴覚障害者の劇団が存続の危機に~理由不明の連邦補助金カットで
http://www.usfl.com/Daily/News/06/04/0417_019.asp?id=48080

アメリカの劇団の話です。
今まではアメリカから得られていた補助金が突然の制度変更により2004年で打ち切られ、運営に困っているようです。
アメリカではどのような福祉制度があるのかよくわかりませんが、突然の制度変更で運営が立ち行かなくなったと言うのはやはり弱者へのいじめではないかと思います。

日本でも現場の状況や意見などをほとんど聞かないまま制度が変わることがよくありますが、それによって一番被害を受けやすいのは障害者ではないかと思います。
制度を変える前に当事者へのヒアリングを十分に行ってもらいたいものです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-17 23:38 | 聴覚障害


<< 市役所にテレビ電話を導入 赤ちゃんとのコミュニケーション >>