ドイツ語の手話

徳島県内のニュース:ドイツ語手話、スイスで体得 北島の聴覚障害・鳥海さん
http://www.topics.or.jp/News/news2006042609.html

徳島新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
徳島県に住んでいる方がドイツ語の手話を体得するためにスイスに10日ほどいく、という話のようです。
国際的な手話と言うとASL(アメリカ手話)がほぼ中心となっている状態です。
(国際手話もあるにはありますが、あまり聞かないです。)
このため、私もなんとなく日本手話をもう少し身につけたら次はASLかなと思っていました。
でも、実際には世界各国にそれぞれの国独自の手話文化があるのです。
ASLにこだわらず、自分が興味がある国の手話を覚えてみたいと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-26 23:35 | 聴覚障害


<< 石井裕也、初先発初黒星 ろう重複障害者のための施設 >>