京都府の難聴者協会が創立20周年

「積極的に生きよう」合い言葉に 京丹波で難聴者協会の記念式典
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006051700196&genre=K1&area=K40

京都府の京丹波町にある難聴者協会が創立20周年を迎えた、という記事です。
この協会は「家の中に閉じこもらず、社会の一員として積極的に生きよう」という合言葉で活動を続けてきたとのことです。
障害を持つ人は家の中に閉じこもりやすい(あるいは家族が恥だと思って家に隠す)例は私もよく先輩から聞きました。
特に高齢者にそういう傾向が多くあると聞いています。

障害者も自由に家の外で活動でき、障害による差別を受けない社会になるように今後も活動していきたいなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-05-17 23:28 | 聴覚障害


<< 言語能力 ピンバッジに「アイラブユー」 >>