言語能力

聴覚障害ある子ども 高い言語能力 『軽度』より『重度』に顕著
http://www.chunichi.co.jp/00/ikw/20060519/lcl_____ikw_____005.shtml

金沢大学の教授が調査した結果、聴覚障害がある子供は健常児より言語能力が高いことがわかったそうです。
かといって、聴覚障害がある=言語能力が高いという才能がある、というわけでは勿論ないです。
私もそうですが、重度の聴覚障害があると分かった時点で親は健常児に負けないよう、早めの段階から言語教育を始めるようです。
その結果、耳から得る言語は確かに少ないと思いますが目から得る言語の量が遥かに多い、と言うことかと思われます。
私も小さい頃、「聞こえる人はもっと言葉を知っているんだよ」みたいな発破をかけられながら一生懸命言葉を覚えたり本を読んだ記憶があります。

むしろ、健常者もキチンと言語能力を身に着けるべきではないか、と思うこの頃です。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-05-19 23:45 | 聴覚障害


<< 要約筆記通訳者 京都府の難聴者協会が創立20周年 >>