光る楽器

障害者とセッションを 光る楽器で心ひとつに
http://www.chunichi.co.jp/00/tym/20060526/lcl_____tym_____000.shtml

中日新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
それによると、富山県の人が音に応じて光る楽器を研究中だそうです。
聴覚障害者は光の光り具合で、視覚障害者は楽器が発する音で音楽を楽しむというやり方を考え付いたそうです。

音楽を光で楽しむ、という発想は全くありませんでしたが、イルミネーションを見ると綺麗だなと思うのと同じような感覚で楽しめるのでしょうか。
現時点では実際に経験していないのでなんとも言えませんが、一回どこかで経験してみたいなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-05-26 21:11 | 聴覚障害


<< テニスの硬式ボールをあるものに。 テレビ電話を使った在宅学習? >>