補聴器の日

「補聴器」恥ずかしくない イメージ払拭 進化、便利に
http://www.sankei.co.jp/news/060605/bun027.htm

産経新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
それによると、明日6/6は補聴器の日だそうです。
こんな記念日があるとは知りませんでした。

聴覚障害を持つ人、または高齢化により聴力が低下した人の中で補聴器をつけている人の
割合はまだまだ低い、それはどうしてかという理由が上記記事では書かれています。

色々な理由がありますが、補聴器にファッション性を求めるために7色の色バージョンを
つくったというのは何か違うような気がしてなりません。
色がついている補聴器は逆にださく見えてしまうのは私だけでしょうか。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-06-05 23:24 | 聴覚障害


<< アメリカの字幕の状況 ファームでの状況 >>