手話を使った詐欺?

手話で勧誘、聴覚障害者2億円被害
http://www.asahi.com/national/update/0612/TKY200606120242.html

朝日新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、手話が出来る会社の社長が聴覚障害者からお金を集めたものの、一向に
返金せずに詐欺ではないかと問題になっているようです。
本当に詐欺なのか、それとも結果論として詐欺みたいになってしまったのか、については
当事者ではない私が自分の考えを述べるのは避けたいと思います。

この記事を読んで思うのは、手話が出来る健聴者=善人、というイメージが聴覚障害者の中に
何となく作られているのではないか、ということです。
手話が出来る健聴者が少しずつ増えてはいますが、まだまだ少ないのが実情です。
なので手話が出来る=いい人=彼が話している内容は多分本当だろう、
という思考が出来てしまうのかもしれません。

健聴者の世界でも口が上手い人の話術に引っかかって詐欺にあう人がいます。
悲しいことですが聴覚障害者も手話が上手い人の話術にひっかかって詐欺にあわないよう、
常に気をつけないといけない世の中に変わりつつあるようです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-06-12 22:27 | 聴覚障害


<< 石井裕也、復調へ 第54回全国ろうあ者大会 >>