テレビ電話による手話通訳

キャナル博多、TV電話で3か国語と手話を通訳…7月から
http://kyushu.yomiuri.co.jp/keizai/ke_06062401.htm

読売新聞社のWebサイトによると、福岡県福岡市にある「キャナルシティ博多」で
テレビ電話を用いた手話通訳サービスが7月から始まるそうです。
総合受付案内所に行くと、テレビ電話を使った手話通訳が受けられるそうですが、どのような
感じなのでしょうか。

テレビ電話の導入は聴覚障害者にとっては確かに有難いのですが、やっぱり一番うれしいのは
そこにいる人が直接手話で応対してくれることです。
いつか、実際に手話通訳者が設置されましたというニュースが登場して欲しいなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-06-24 20:18 | 聴覚障害


<< 「ろうを生きる、難聴を生きる」を見て 聴導犬 >>