平成18年版 障害者白書を読んで

平成18年版 障害者白書(全体版<PDF形式>)
http://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h18hakusho/zenbun/pdf/index.html

難聴者の生活: 障害者白書のコミュニケーション支援?
http://blogs.dion.ne.jp/rabit/archives/3661910.html

「難聴者の生活」を読んで、平成18年度障害者白書が公開されているのを知りました。
全てを読みきれていませんが、少しずつ読んで行きたいと思います。
(本で購入すると2,415円かかるみたいなので、まずはpdfで読むのがよさそうです・・・)

で、軽く目を通してみたところ、やはり聴覚障害者に対する記述は若干軽めです。
公共施設のバリアフリー(第5章 住みよい環境の基盤づくり)についても、車椅子などの
配慮は書いてあるのに電光掲示板などについては全然書かれていないです。
また、人的な面も書いてなく、物足りない障害者白書です。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-07-02 20:23 | 聴覚障害


<< 宮城県の球児は今 医療現場で役立つ手話の本 >>