日本各地の聴覚障害を持つ球児

耳のハンディ乗り越えた3年間 愛川・遠山選手 - 第88回全国高校野球選手権大会
http://www2.asahi.com/koshien/88/chihou/kanagawa/news/TKY200607180385.html

[王国の夏へ・高校野球愛媛大会を前に](9)伊予農(連載)〈目で聴く〉三ツ井選手
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps60711a.htm

日本各地で頑張っている、聴覚障害を持つ高校球児の記事です。
レギュラーだったり、補欠だったりとまちまちですが、白球を追いかけるのはやはり野球が
好きで好きで仕方が無いからです。
硬球は聴覚障害者にとっては危険という考え方はまだ根強いですが、打球や送球などボールから
目を離さなければむしろ普段から回りを注意深く見ている分、健聴者よりも優れている部分も
あるのではないかと私は思っています。

いずれ、甲子園の土を踏む聴覚障害者が出てくるでしょうし、そのときが楽しみです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-07-18 23:53 | 野球


<< 骨伝導の通話装置 藤代紫水高校、敗退 >>