骨伝導の通話装置

NTTドコモ 骨伝導通話装置を開発
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200607190034a.nwc

NTTドコモが骨伝導で通話が可能な装置を開発した、という記事がありました。

骨伝導は骨を介して聴覚神経に音を伝える、ということで難聴者に効果があると聞きます。
私は高度難聴なので骨伝導の装置を使ってもおそらく音が聞こえないだろうと思います。
でも、補聴器の上からヘッドフォンをつけてテレビの音を聞いても、ハウリングしてしまってうまく
テレビの音のみを聞けないのが難点なので、もし骨伝導で音が聞けたらいいなぁと夢見ることがあります。

いつか機会があれば、どこかのお店で骨伝導ヘッドフォンなど試してみたいものです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-07-19 23:07 | 聴覚障害


<< 聴覚障害を持つ放送部員 日本各地の聴覚障害を持つ球児 >>