”ベビーサイン”公認講師

赤ちゃんと手話などで“会話” 「ベビーサイン」公認講師に恵庭の主婦
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps60723a.htm

読売新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
それによると、赤ちゃんと会話するための「ベビーサイン」の講師を公認された北海道の主婦がいるそうです。
赤ちゃんとベビーサインを使って会話するというやり方が着実に全国へ広まっているのですね。

この記事を読んでびっくりしたのは
1)NPO法人「日本ベビーサイン協会」という協会がある。
2)ベビーサインを教えるための講師を公認する制度がある。
ということです。
でもよく考えてみると、ベビーサインも一種の言語なので、教えるためにはキチンとした知識を
持つ人が必要であるということになるかと思います。

ベビーサインは手話の派生なのか、それとも手話とは全く別物なのかはわかりませんが、
今後もコミュニケーションをとる為の手段として発展してほしいと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-07-24 23:25 | 聴覚障害


<< 走り幅跳びでインターハイ出場 聴覚障害を持つ当事者が商品につ... >>