理髪店

髪の毛が伸びてきたので理髪店へ行ってきました。
理髪店といっても行きつけのところはなく、空いている理髪店を見かけたらそこにふらっと
入るだけですが。

聴覚障害者にとって、理髪店の難しさは理容師とのコミュニケーションにあります。
・髪の毛をどのくらい切ってほしいか
・髪の毛はバリカンで刈り上げるか
・髭剃りはどうするか
単純な3項目だけを伝えようと思っても声ではうまく伝わらないことがたまにあります。
そのため、身振り手振りでいつも意思を伝える形になります。

私は髪型にそんなにこだわりはないのですが、こだわる人はどのようにして自分の望む
髪型を伝えるのでしょうか。
やっぱり1つの理容店に何回も通って、少しずつ意思の疎通を図る形でしょうか。

単純に髪を切るだけでも色々とコミュニケーションの壁が生じてきます。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-07-30 13:28 | 聴覚障害


<< 碑の内容を手話で理解 走り幅跳びでインターハイ出場 >>