広島県の被爆者

「ドン」が聞こえなかった ヒロシマろう者の記憶
http://www.yomiuri.co.jp/zoomup/zo_06080201.htm?from=os1

読売新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
広島県の聴覚障害を持つ被爆者の現在の近況を取り上げた記事です。

聴覚障害者、健聴者というのは原爆の下では何の違いもありませんが、その後の
「あの爆発は何だったのか?」という情報を得るのが聴覚障害者は遅かったようです。
なぜなら、あの時「放射能」という手話表現はなかったからです。

現在、原爆が落ちた後に救援で市に入ったことで被爆した、という人々が自分も被爆者で
あることを認めて欲しいという裁判が行われていると新聞で読みました。
聴覚障害者の中にそういう人はいないのでしょうか。
もしいたとして、その人はちゃんと「被爆者」として認定されているのでしょうか。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-08-02 23:26 | 聴覚障害


<< 徳島県に聴導犬誕生 友人と一緒に錦江湾を完泳 >>