徳島県に聴導犬誕生

「モモ」聴導犬に認定
http://www.topics.or.jp/News/news2006080305.html

徳島新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
それによると、徳島県内で2匹目の聴導犬が認定されたそうです。

聴導犬とは、聴覚障害者の耳代わりとなり、電話、ドアのチャイム、お湯の沸騰音など
日常生活の中で起こりうる音を自分の耳でキャッチして飼い主に教える役目を担っています。
現在では音が起きるとバイブレータや光で教えてくれる器具も出てきていますが、家の外では
使えないので役立ちません。
家の外でも音による情報を聴覚障害者が確実に得るために、聴導犬は大きな役目を持っています。
現在、全国でまだ11匹しか聴導犬がいないという上記記事を読んでびっくりしました。
住宅事情や認知度が低いために数が少ないのかもしれませんが、、少しずつ聴導犬の数が
増えていくといいなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-08-03 22:34 | 聴覚障害


<< 全国手話通訳問題研究会 開催中 広島県の被爆者 >>