東京を襲った停電

本日、東京・千葉で広範囲な停電がありました。
原因は船のクレーンが送電線に引っかかったからというもののようですが・・・

この停電の影響で首都圏の列車も一時不通になったり遅延したりと交通網に影響が出ていました。
私も出勤途中だったので止まってしまったJR総武線から動いていた中央線に乗り換えて出勤することが出来ました。

このとき、状況を把握するために用いたのは2chの交通情報板でした。
携帯電話から2chにアクセスして現在の運行情報をチェックすると、有志の皆さんが情報をどんどん
書き込んでくれたので今止まっている路線、遅延しているけど動いている路線、平常通り動いている
路線がどんどんわかり、非常にありがたい存在です。

車内放送は聴覚障害者は聞き取れないので何を言っているのか全然わからず、かといって駅員や
車両の車掌に聞きに行くのもちょっと遠い、というようなときに携帯からチェック出来るのは便利です。
本当は各種鉄道会社が自前、あるいは合同でリアルタイムで運行情報を携帯からチェック
出来るようなサイトを用意してもらえると非常にいいのですが。
または、車内放送は声と同時に文字でも流せるような電光掲示板でもいいわけです。

非常時は放送の声と乗客の悲鳴、叫び声などが混じって肝心の放送が聞き取りにくいはずです。
そのようなときに放送内容と同時に文字でも情報が流れれば皆にとって便利ではないでしょうか。

非常時だからこそ、鉄道を利用する乗客全員に公平に情報がいきわたるようなシステムを
鉄道会社には検討して欲しいと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-08-14 20:54 | 聴覚障害


<< 信楽焼を福祉課に寄付 石井裕也投手の近況 >>