聴覚障害を持つ写真家・アーティスト

冬の余呉を撮影し30年 耳の不自由な北村さんが写真展
http://www.chunichi.co.jp/00/sga/20060819/lcl_____sga_____003.shtml

フジ子・ヘミングさん 川崎区で版画展始まる
http://www.chunichi.co.jp/00/kgw/20060819/lcl_____kgw_____004.shtml

音なき世界、抽象画で 耳聞こえない画家、乗富さん 25日から旭川で個展
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060819&j=0025&k=200608184466

中日新聞社、北海道新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
日本各地で聴覚障害を持つ人の個展が開催されているそうです。
聴覚障害を持っていても、写真や版画・絵画など視覚的に訴える世界ではそれはほとんど
ハンディとはならないようです。
私自身は芸術を鑑賞する側なので、自分から芸術をPRしていくことが出来る力を持った
方々の芸術を鑑賞できるのを今後も楽しみにしています。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-08-19 22:52 | 聴覚障害


<< 映画監督、アメリカ手話を教える 全国高校生の手話によるスピーチ... >>