甲州ろうあ太鼓、東南アジアで公演

甲州ろうあ太鼓:東南アジアで初公演 出発前に募金集め、現地障害者を支援
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/yamanashi/news/20060822ddlk19040012000c.html

毎日新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、「甲州ろうあ太鼓」の皆さんが東南アジアで公演を行うそうです。
そのとき、現地の障害者のために募金するということで、カンパを募集しているとのことでした。

和太鼓はリズムが空気の振動などで感じられるので聴覚障害者でも体で感じることができ、
割と親しみやすい楽器です。
和太鼓のパワーで東南アジアの方々を力づけることが出来るのではないかと思います。
初めての東南アジアでの公演の成功をお祈りします。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-08-22 22:06 | 聴覚障害


<< 「アイラブユー」ネックレス 聴覚障害者の携帯電話活用方法 >>