消防を通して手話通訳の派遣依頼

消防が手話通訳派遣/ニライ本部
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200609201700_02.html

沖縄タイムズのWebサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、沖縄県の嘉手納、北谷、読谷の三町村ではニライ消防本部に手話通訳派遣依頼が
あった場合も手話通訳者を派遣する、という事業を開始したそうです。
これにより、急病や事故などで緊急で手話通訳者の派遣を受けたいとき、消防本部に連絡すれば
派遣を受けられることになりました。
また、役場が休みの週末や定時以降だと、役場に連絡しても手話通訳者の派遣は受けられないと
いう問題があります。
これもニライ消防本部に連絡すれば消防本部が派遣してくれるそうです。

こういった形で、手話通訳者を使う機会が多い急病・怪我絡みの時に一番身近な消防本部へも
手話通訳者の派遣を依頼出来るようになったのは聴覚障害者にとって大変ありがたいことです。

警察に手話通訳者の派遣を依頼したら派遣してくれる、というところはあるのでしょうか。
事故にあって警察の事情聴取を受けるとき、警察官などに「手話通訳者が欲しい」と言えば
警察が手話通訳者を派遣してくれるような制度があると凄くいいなぁ、と思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-09-20 22:23 | 聴覚障害


<< 水族館職員、手話を勉強中 聴覚障害を持つプロゴルファー予... >>