水族館職員、手話を勉強中

かごしま水族館 職員14人、手話を特訓中
http://www.373news.com/2000picup/2006/09/picup_20060922_10.htm

南日本新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、かごしま水族館の職員が手話を特訓しているそうです。
水族館に行くと、色々な場所で音声による説明がありますが、聴覚障害者は何を言っているのか
わからないため少々損している部分があるかもしれません。
水族館や美術館などで手話で説明を受けられると、今まで知らなかった新しい発見が得られる
のだろうなと思います。

日本あちこちの水族館や博物館などで手話で説明出来る人が増える日が楽しみです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-09-22 21:51 | 聴覚障害


<< 補聴器が携帯電話のグッズに? 消防を通して手話通訳の派遣依頼 >>