聾学校の学生がバンド結成

聾話学校ロックバンドが特別出演 あす「甲賀の里まつり」
http://www.chunichi.co.jp/00/sga/20061021/lcl_____sga_____003.shtml

聾話学校高等部生徒らバンド結成 22日に甲賀市で初ライブ
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006102100058&genre=K1&area=S10

京都新聞社、中日新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
それによると、聾学校の学生がバンドを組んでまつりに参加するそうです。

聴覚障害を持っている人がバンドをやる、というのはまだ珍しい目で見られることが多いようです。
聴覚障害があるのに音楽がわかるの?とかリズム感は?などなどです。
聴覚障害者といっても色々な人がいて、聴力は確かに悪いかもしれませんが、リズム感は
いい、とか音楽が好きな人、など色々な人がいます。
日本各地を見ると、聴覚障害を持つダンサーやバンドは結構いてびっくりするくらいです。
聴覚障害を持っていることで音楽を楽しむ上で障害となるのは、歌詞がついていても今、歌詞の
どこを歌っているのかというのがわからない(あるいは判断しづらい)という面のみだと思っています。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-10-21 22:31 | 聴覚障害


<< 早稲田祭2006での情報保障 滋賀県の聴覚障害者授産施設 >>