聴覚障害を持つ画家、回顧展

聴覚障害の画家・後藤さんが回顧展
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20061031/200610311819_103.shtml

岐阜新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
それによると、岐阜県の聴覚障害を持つ画家が回顧展を開催しているそうです。
聴覚障害を持っている芸術家というのは意外に結構いるものです。
絵や写真、陶芸などの芸術品を見ただけではこの作品を作った人が障害を持つ人、
持っていない人かどうかというのはわからないものです。
ただ、聴覚障害を持っている人の話を聞くとやはり勉強時にコミュニケーションの問題で苦労されるようです。
その壁を乗り越えて自分のカラーを見つけ、そして芸術の世界で行き抜ける、そんな先輩方を
私は非常に尊敬します。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-10-31 20:37 | 聴覚障害


<< 手話サポートテレビの設置 アビリンピック >>