市役所支所から市役所へテレビ電話

テレビ電話で手話OK 小松市が新サービス
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20061125004.htm

北国新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、小松市で市役所の支所と市役所をテレビ電話で結びつけるサービスを始めたそうです。
小松市では、手話通訳者は市役所に設置されており、支所には手話通訳者がいない状態です。
そのため、聴覚障害者が何か手話通訳者が必要な用事がある場合は支所の近くに住んでいても
市役所まで行く必要がありました。
しかし、これは大変なので、支所のパソコンに小型カメラを設置して市役所の手話通訳者と双方向で
会話が出来るように環境を整えたそうです。

情報機器の発展でテレビ電話を使って遠隔地にいる手話通訳者とのコミュニケーションが可能と
なっていくことは非常に喜ばしいことです。
市の職員も筆談だとうまく伝えられない情報も、手話通訳者が間に立ってくれることで
丁寧で詳細な説明が出来るようになり、お互いにとって非常に有益です。
あとは映像のスムーズさ、鮮明さがより向上すれば言うこと無しです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-11-25 22:20 | 聴覚障害


<< 熊野を手話語り部の説明付きで歩... 小学校の体験授業 >>