シーカヤック体験

「海を体感」
http://www.okinawatimes.co.jp/col/20061129e.html

沖縄タイムズ社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、沖縄県南城市の奥武島で沖縄県シーカヤッククラブが聴覚障害者向けのカヌー体験を開催したそうです。
上記記事から一部を引用します。
同会の真栄城守信会長は、音のない世界ではまず言葉を文字などの形で覚えると言い、「さまざまな体験からその意味をより深く理解する。たとえば『ゆらゆら』という言葉だが、波で揺れるカヤックの動きを感じて認識していくのだ」と話す。

形容動詞などの言葉はただ言葉を聞いただけでは理解が難しいのですが、実際に体験すると
体全体で言葉の意味を理解するのが聴覚障害者流の言葉の覚え方なのです。

シーカヤックは私も経験がないので、いつか機会があれば経験してみたいと思っています。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-11-29 21:48 | 聴覚障害


<< わさびの臭いがする火災警報器 熊野を手話語り部の説明付きで歩... >>