警察官、手話を学ぶ

手話は「全身で」 新人警察官が受講
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps61201a.htm

読売新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、愛媛県の警察学校で新人の警察官が手話を受講したそうです。
交番などで警察官に道を聞いたとき、手話で応えてくれたらそれは非常にうれしいことです。
違反で呼び止められたときに手話で会話する、という機会はなくしたいものですが・・・。

聴覚障害者に対するコミュニケーション保障について理解を得るためには、やはり新人研修の
ときに手話などの講義が必要だと思います。
そういう意味では警察学校のように、ちょっとでもいいので手話の講習をカリキュラムに入れて
もらえると大変うれしいです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-12-04 21:25 | 聴覚障害


<< 被爆体験を聞き取り、ビデオに残す 宿泊者にメールで火災警報 >>