手話キャスター、丸山さんの講演

手話キャスター丸山浩路氏がいじめ問題テーマに講演
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxidec331/

カナロコのWEBサイトに上記記事が掲載されていました。
それによると、手話キャスターで知られている丸山氏が小学校で講演したそうです。
記事の中に以下のような記述がありました。
筋力低下が進行する筋ジストロフィー患者の少年とのエピソードを紹介。「(少年は)『目が見えること、手足を動かせることは奇跡なのに、みんな気付いていない』と話していた。
普段、当たり前のように受け入れている現象でも他の人から見れば奇跡に近い現象、
ということはたまに聞きます。
聴覚障害を持っている身から見れば、相手の顔を見なくても声だけで話の内容がわかる、
というのは非常に凄い能力、というように思えることが時々あります。
なので、講演会などで聴覚障害者は見るのとメモを取るのを同時に出来ませんが、健聴者は
それが可能なので羨ましく思えることすらあります。

普段当たり前のように受け入れている現象が実は当たり前ではない人もいる、ということは
忘れてはいけないことだと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-12-16 20:29 | 聴覚障害


<< 絵本を手話を使って読み聞かせ 日本聴覚障害者マラソン記録を更新 >>