絵本を手話を使って読み聞かせ

全身使って読み聞かせ 松任図書館
http://www.chunichi.co.jp/00/ikw/20061217/lcl_____ikw_____004.shtml

中日新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、石川県にある図書館で聴覚障害を持つ子供たちに絵本を読み聞かせる技術を
磨くための研修が行われたそうです。
絵本を手話で表現するというのは簡単なようで意外に難しいことです。
絵本に書いてある文章をそのまま表現すればいい、というものではなく、そのページに書かれている
挿絵の内容も把握した上で適切な手話表現を選ばないといけないからです。

私もたまに手話サークルで絵本を手話表現してみる練習をしており、これは手話の練習にも
非常に使いやすいなと思っています。
手話を学んでいる人は一回、絵本を手話表現してみて表情や身ぶりの練習をすると、
細かい単語の表現にこだわらなくても全体をうまく掴めば魅力的な表現が出来る、ということに
気づけるのでお勧めです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-12-17 20:47 | 聴覚障害


<< 聴覚障害者を勧誘してお金を集め... 手話キャスター、丸山さんの講演 >>