阪神タイガーズの選手が映画出演

阪神・福原&安藤、悪戦苦闘の映画初出演 来秋公開予定「青空のルーレット」
http://chuspo.chunichi.co.jp/00/baseball/20061220/spon____baseball001.shtml

中日新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、阪神タイガーズの福原投手と安藤投手がろう学校を慰問する役割で映画に出演したそうです。
巨人に在籍していた小久保選手と高橋選手は実際にろう学校を慰問しているのをテレビで見たことがあります。
慰問するとき、大抵は養護学校が多いですが、ろう学校も慰問してもられると子どもたちが喜びそうです。

映画ではろう学校を慰問しているシーンがどのくらいあるのかはわかりませんが、もし機会があれば
見てみようかなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-12-20 21:06 | 聴覚障害


<< 森川氏の意見に対する反論 聴覚障害者の自動車免許取得を支... >>