沖縄県に聴導犬デビュー

県内初聴導犬へ「まつ」自宅訓練
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200701091700_01.html

障害者の生活支え 聴導犬県内初の導入
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-20313-storytopic-1.html

沖縄県で聴導犬が初めて導入された、という記事が沖縄タイムズと琉球新報に掲載されていました。

今までには沖縄県に聴導犬がおらず、今回初めて聴導犬がやってきたということです。
厳密に言えばまだ訓練中で、今年5月の認定試験を受けて初めて正式に認定されるそうです。

聴導犬は聴覚障害者に音を知らせる役目をする犬ですが、聴覚障害者が外見からでは分かりづらいと
いうのもあり、飲食店などでペットと勘違いされて拒否されてしまうケースがあると書いてありました。
盲導犬が一番認知度も高いのですが、それ以外の聴導犬などはまだ認知度が低いのが現実です。

私自身は今のところ聴導犬にお世話になったことはなく、また先天的な聴覚障害者は
あまり音に頼らず、視覚的なもので判断する習慣があるので聴導犬は馴染みにくいかもしれません。

これから先、聴導犬をどのようにPRしていくのか見守っていきたいと思います。


Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-01-09 20:57 | 聴覚障害


<< 振動式火災警報器の規格づくりへ 成人式 >>