リオン、新型補聴器を発表

リオン、小さくカラフルな耳かけ型補聴器
http://www.nikkei.co.jp/newpro/news/20070206e001y47306.html

日経経済新聞社のWEBサイトに上記記事が紹介されていました。

それによると、補聴器メーカーのリオンが新しい形状・色の補聴器を新作として売り出すようです。
以前は肌色の補聴器でしたが、今はユーザーの好みに合わせて色々な色が選べるようになっています。
私自身は肌色の補聴器で十分満足しているので、黒や青などの補聴器は別段欲しいとは思いませんが…。

最近はテレビでもリオンのコマーシャルを見る機会が増えました。
高齢化社会に伴い、耳の聞こえが年をとるに伴って段々減少してくる方も多いかと思います。
私から見れば、補聴器は眼鏡と同じように、耳の機能を補うための必要なツールだと考えています。
少々値段が高いのがネックなのですが、耳の衰えを隠して逆に周りとのコミュニケーションがうまく
いかなくなるよりは補聴器を積極的に活用してもらえればと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-07 22:28 | 聴覚障害


<< 手話を覚えたことで福祉の道へ 自動車免許取得に役立つソフト >>