災害発生に備えて要約筆記研修

災害時対応の要約筆記研修 17、18日岡山 - 山陽新聞ニュース
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/02/12/2007021210391087008.html

山陽新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、災害時の要約筆記についての研修会が岡山県で開催されるそうです。
災害が発生したとき、避難所などで聴覚障害者が一番困るのは情報保障の面だと思います。
配給や諸手続きなどのアナウンスは基本的に音声のみのためです。

手話通訳者については各地でそれなりに対策が取られていますが、手話がわからない
聴覚障害者や中途失聴者のためにもやはり要約筆記は必要です。

備えあれば憂い無し、ということで各地でこのような研修が広まるといいなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-12 21:54 | 聴覚障害


<< 美容師を対象に手話講習会 旭川の雪まつりで雪像を作成 >>