手話ガイド

後楽園の魅力 手話で 奉仕ガイド養成講座 受講生が現地研修
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/02/15/2007021510233477016.html

山陽新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、岡山県にある後楽園で手話ガイドを現在育成中だそうです。
今は現地で最終的な実習を行っている段階のようです。

以前、石川県金沢にある兼六園に行ったのですが、その時に看板に書いてある内容が
いまいちピンと来なくてガイドさんに聞いてみたい!と思ったことがあります。
もし、手話が出来るガイドさんがいればそういうときに気軽に質問出来るのではないかと
この記事を読んでよりいっそう感じました。

また、博物館などでも手話で説明を受けることが出来ればただ展示物を眺めて歩くだけより
はるかに面白そうです。
英語のガイドなどはよく見かけますが、今度は手話によるガイドも各地で生まれて欲しいなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-15 20:50 | 聴覚障害


<< 裁判員制度の啓蒙活動 聴覚障害者から手話でお金を集め... >>