「バベル」に字幕を!

バベルの日本語音声にも字幕を!
http://kiirogumi.net/babel/pc.html

現在、ネットで上記の運動が行われています。

それによると、菊池凛子さんがアカデミー賞候補になっている映画、「バベル」は
日本が舞台のシーンに字幕がほとんどついていない状態にあるそうです。
日本が舞台の内容は聴覚障害を持つ女子高生とその父親の話のため、聴覚障害者の
間でも若干注目度が高い模様です。
しかし、試写会で見てみると、聴覚障害者を取り上げている映画にも関わらず、日本語字幕を
付与していないということがわかり、字幕をつけて欲しいというお願いの文言を記述した
WEBサイトを立ち上げたそうです。

映画に対する要望だけではなく、自分たちで何とかできないかという情報収集も求めているので
何か情報を持っている方がいたら上記WEBサイトからアクションを起こしていただければ幸いです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-21 22:33 | 聴覚障害


<< ”「バベル」に字幕を!”運動が... 秋篠宮さまご夫妻、聾学校を訪問 >>