唐津市の支所にテレビ電話を導入へ

手話用にテレビ電話 唐津市2支所に設置へ
http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&blockId=357800&newsMode=article

佐賀新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、佐賀県唐津市にある支所2箇所にテレビ電話が導入されたそうです。
聴覚障害者が支所を訪れた際は本庁にある「コミュニケーション支援センター」と支所を
テレビ電話でつなぎ、センターにいる手話通訳者と会話するということだそうです。

また、このテレビ電話は優れもので、テレビだけではなく筆談も可能ということです。
パネルに字を書いて送ることが出来る、と上記記事には記載がありましたが、どういう風に
やるのでしょうか。
ちょっとイメージがわきにくいところです。

この記事を見て思ったのですが、今はテレビ電話のデザインもカラフルになっているのですね。
以前は無骨なデザインだったと思うのですが、今のデザインの方が使いやすそうです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-07 23:11 | 聴覚障害


<< ファームでの登板結果 世界の手話をデータベース化する... >>